被害を最小限に|巣を徹底的に駆除することが大切|蟻の被害を防ごう
ウーマン

巣を徹底的に駆除することが大切|蟻の被害を防ごう

被害を最小限に

ネズミ

早めの対処

ねずみは、食物を食い荒らし、雑菌をばらまき続けるため、衛生的に非常に迷惑な動物の一つといえます。袋物の食品であっても、袋の上から齧り、穴をあけて中身を食べてしまうことも少なくありません。このねずみの被害を決定づけるものとして、非常に強い臭いを残すことで知られており、特に尿は人のものと似た臭いを発することから、嗅覚の面でも不快度が高いものです。放っておけば、それだけ被害は拡大する傾向にあることから、ねずみ駆除にあたっては、対処が早いほど良いといえます。市販の商品の中にも、ねずみ駆除用の商品が多数出ており、粘着板やねずみ捕り用のカゴなどが一般的で、毒餌を食べさせるという方法もあります。どの方法を採用するにせよ、早い対処ほど、問題解決を速めてくれます。

特性に応じた対応

ねずみ駆除する際には、一度で全面解決しない場合も有り、継続的な活動が必要になってくる場合も有ります。思ったように罠にかからず、それでいて、食品が食べられたり、糞をそこら中に落としていったり、という状況も起りえます。そんなときには、まずは糞、足跡などのラットサインと呼ばれる現象から、ねずみの種類を特定することから、確実に行っていくことです。ねずみは各種類、その生態が違っており、特性に応じた対策を行って、はじめて結果がついてくるものなのです。特に、クマネズミは知能が高いことが知られており、単純な罠では簡単に見切る能力を持っているのです。このように、被害が拡大し続けている場合には、方向性の練り直しも必要で、ねずみ駆除専門業者に相談すると、状況に応じた方法で解決してくれるものです。